Bluemixを使ってみよう!

Bluemixとは、IBM社が提供するクラウド環境で、仮想OSをWEB上に作成し、そこでアプリケーションを構築・管理・実行することができます。IBM Watsonを含めIoTやストレージ(DM)、アナリティクス、モバイル等多岐にわたる分野において130以上の独自サービスを持ち合わせており、それらを組み合わせることで様々なサービスの提供を可能とします。

ここでは、Bluemixの30日間無料トライアルを紹介します。30 日間無料で 2GB のランタイムおよびコンテナー・メモリーを利用でき、最大10個のサービスのプロビジョンにアクセスできます。

アカウントの作成

下のURLから登録プロセスを開始します。
  https://console.ng.bluemix.net/

 f:id:zealblog:20170602104742j:plain

登録するには IBM ID が必要になります。
IBM ID を持っていない方は、あわせて登録することができます。

 f:id:zealblog:20170602104755j:plain

「ありがとうございます」の画面が表示されましたが、まだ完了していません。
登録したEメールを確認してください。

f:id:zealblog:20170602114831j:plain

登録したEメールにメールが届いています。
「Confirm Account」ボタンをクリックしてください。

f:id:zealblog:20170602104829j:plain

 これでBluemixアカウント登録が完了しました。

f:id:zealblog:20170602114906j:plain

 さっそくログインしてみましょう。

 環境セットアップ

環境のセットアップをします。初めてBluemixにログインするとTerms and conditions、ご利用条件への同意確認があります。チェックボックスに同意のチェックを入れてContinueをクリックします。

組織

アプリを配置する地域を選ぶことができます。組織名と作業したい地域(データセンター)を「米国南部」「英国」「シドニー」から用途に応じて選択してください。

 f:id:zealblog:20170602104856j:plain

 f:id:zealblog:20170602130024j:plain

スペース

 地域に対して少なくとも一つの「スペース」が必要です。スペースとは、アプリケーションをグルーピングするフォルダのような存在です。スペースごとにアクセス権を設定することが出来るので、個人作業用、チーム開発用、テスト用、本番用などと使い分けることができます。

f:id:zealblog:20170602104908j:plain

  サマリー

 組織とスペースを作成すれば準備完了です。

f:id:zealblog:20170602104918j:plain

 

Bluemix を使ってみよう!

 

f:id:zealblog:20170602104940j:plain